「すべての労働者が働きやすい職場づくり」と「非正規雇用労働者の待遇改善」を目指す事業主様をサポートいたします。

そもそも「同一労働同一賃金」とは?

近年、非正規雇用労働者(有期契約社員・パートタイム社員・派遣社員)は増加傾向にあり、雇用者の約4割を占めています。非正規雇用労働者は、働き方に多様なニーズがある一方で、正規雇用に比較して、賃金が低いなどの不合理な待遇差が生じている場合があります。

同一労働同一賃金の導入は、仕事ぶりや能力が適正に評価され、意欲をもって働けるよう、同一企業・団体におけるいわゆる正規雇用労働者(無期雇用フルタイム労働者)と非正規雇用労働者(有期雇用労働者・パートタイム労働者・派遣労働者)の間の不合理な待遇差の解消を目指すものです。

こんなお悩みを抱えている熊本の事業主様は熊本県非正規雇用労働者待遇改善支援センターにご相談ください

また、「同一労働同一賃金」のセミナーなども開催します。
ご相談内容によっては専門のコンサルタント派遣をお勧めする場合がございます。

窓口相談のご予約・各種お問い合わせはこちらから

096-223-6228

※土日祝日、お盆、年末年始を除く
受付時間/9:00~17:00

よくある質問